憲政史上、最長を記録する安倍政権ですが、この間政治は国民の利益や国民の立場に立った施策はとぼしく、財界の利益最優先の政治、憲法による統治体制を突き崩す政治に終始してきました。

信州市民アクションはアベ政治の転換を求めて「市民と野党の統一候補」を衆院選や参院選で支援してきましたが、今秋にも予想される衆院選においても各選挙区で野党統一候補を支援する方向を確認しています。

3月26日、信州市民アクションの共同代表5人が東京へ行き、5野党中央本部役員に衆院選での野党統一候補の早期決定と共通の政策づくりを加速することを求める要請書を手渡して意見交換しました。

☞ 5野党との意見交換の報告はここをクリック